音楽ユニット「うたたねりんご」のメンバーブログです。


by utataneringo
こんにちわ、飛鳥硝子です。

以前から少し話題にあげておりましたが、
この記事をもちまして、当ブログは更新を停止します。

うたたねとしての活動は今後もまだまだ頑張っていきますので、是非HPやTwitter、Youtubeやニコ動等でこれからもよろしくお願いします!

公式ウェブサイト→http://utataneringo.net/

[PR]
# by utataneringo | 2014-06-15 14:43 | 飛鳥硝子の日記
こんばんわ、飛鳥硝子です。

すっかり1ヶ月も経ってしまいましたが、M3-2014春、ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

今回も朱色と2人での参加で、2人そろって、うたたねを聴いてくださっている沢山の方と直接お会いできたこと本当に嬉しく思います。

新作「sink」は海の深く、冷たく、でも包み込まれるような暖かさを描きました。

今回の作品はドラム以外打ち込みを使わず、歌、ギター、ベースの生演奏で全曲構成しています。
生演奏だからこそのあたたかみや息遣いを感じて頂けたなら嬉しいなと思います。


この春M3は、自分にとっても、うたたねにとっても一つの区切りと思っています。

同人音楽というフィールドで4年以上、本当に居心地がよくて、真剣に僕らの音楽に向き合ってくださる方ばかりで、幸せな場所で活動できてきてるなあと思います。

ここで、思いっきりやりたい、表現したい作品を作れてきたことは本当に嬉しいです。

ここまでのやってきた経験や、作ってきた作品たちのさらに先にある世界を目指して
うたたねはここからまたエンジンをかけなおして、頑張って行きたいなと思います。


次の活動をお楽しみに・・!



P.S
うたたねのブログですが、近々凍結しようと思います。
思い出を消したくないのでアカウント自体は削除しませんが、更新はしない方向にしようと思います。

理由は色々とありますが、ブログじゃないと出来ないことが今のところ無いから、というのが大きいです。
また近々改めてご挨拶いたします。
[PR]
# by utataneringo | 2014-05-26 22:35 | 飛鳥硝子の日記



お久しぶりです。飛鳥硝子です。
気がついたら春M3まであと1週間を切っていてびっくりしました笑

うたたねの新作「sink」の特設ページはすでに公開しております!
全曲試聴もあるので是非聴いてみてください!

語るよりも聴いた方が早いかと思うので、内容についてはあまり触れませんが・・軽く、位置づけ的なものを僕なりに書いてみます。

2012年秋に発表した「無機物感情論」は、うたたね3年間の活動の集大成としての作品です。
手探りからのスタート、模索を続けながら、自分たちのスタイルを探してきたその過程で得たものを形にした感じです。

その1年後の「置き去りのトロイメライ」は、1年間充電した思いをぶつけたいという思いから、
一番その時表現したかった、うたたねの「闇」の部分を濃く描いた作品にしました。
ある意味で、やりたいことを出しきれたと思う作品です。


そして、今回の「sink」は、前作で出しきったからこその、今までの延長線上ではないうたたねを目指しています。多分聴いて頂ければ分かるかとは思いますが、これまでとは少し空気感が違うのではないかなと思います。

個人的には、「歌モノ」のその先の音楽を目指したいという思いがありました。
「歌モノ」は置き去り~でやりたいことやれた感じがするので、じゃあ次は、世の中に沢山ある「歌モノ」から脱却した、新しい音楽を目指そうと。

全曲、ドラム以外の打ち込みを使わず、生演奏のもつエネルギーをぎゅっと詰め込んだ曲になっています。

好き、嫌いは当然人によってわかれるとは思いますが、まずは是非聴いてみてください。


M3では、朱色と2人でお待ちしております。



P.S.
ブログ、どうしても更新頻度が低くなってしまうので、閉じようかなあ・・?と思ってたりします。
[PR]
# by utataneringo | 2014-04-23 00:49 | 飛鳥硝子の日記

M3-2014春に参加します!

こんばんわ、長らくブログを放置してしまいました飛鳥硝子です。

うたたねですが、春M3に参加します!もちろん新作を頒布いたします!
現在95%くらいは完成しているので、あとは仕上げるだけって感じです。

新作ですが、前作「置き去りのトロイメライ」と同様、うたたねならではのロックサウンドを中心に、前作とはまた違った世界を描いた作品になっています。詳細については近日中に公開しますので、是非ご期待ください。

この春から、うたたねの活動を更に幅広く、更にアクティブに、アグレッシヴに変化させていこうと考えておりますので、まずは新作をお楽しみに・・!
[PR]
# by utataneringo | 2014-03-25 23:05 | 飛鳥硝子の日記
あけましておめでとうございます、飛鳥硝子です。

昨年も新作CDの頒布、ライブ出演など、非常に充実した活動をすることができました。
うたたねがこうして4年間活動してこれているのも、ひとえに聴いてくださる皆さんのおかげです。
そして、音楽を通じて沢山の方にお世話になりました。
いつもありがとうございます!

さて、今年の抱負ですが、個人的には色々とあります・・が、うたたねとしては細かいことヌキで、とにかく「進化する」です!!

これまでの4年間で沢山回り道をして色んな音楽を吸収してきました。
今年は、それらをミキサーで混ぜて、さらにスパイスを加えて、自分たちも予想できないような新しい味を生み出す。それが、僕の今年のやりたいことです。

2014年は、とりあえずまずは春M3で新作を頒布予定です!それ以外はまだ未定ですが、今年も頑張って活動していきますので、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by utataneringo | 2014-01-02 02:14 | 飛鳥硝子の日記

再構築

こんばんわ、飛鳥硝子です。

来春のM3にむけて、うたたねの新作を作っています。

今回の作品、僕個人としては「再構築」というテーマを持たせています。


秋に発表した「置き去りのトロイメライ」は、「無機物感情論」までのうたたねの音楽をベースに、さらに「自分たちらしさ」を色濃く出そうという想いで作りました。

結果として、僕個人としては、大満足の一枚になりました。朱色さんと僕だからこそ出来る音楽を、トコトンまで追求して、それを形に出来た作品だという自負があります。特に「solitary brown」は、うたたねだからこそ出来る音楽の一つのゴールだと思っています。


だからこそ、次に作る作品は、その延長線上には作りたくなかったのです。同じ路線の曲を作っても、それはただの焼き直しにしかならないと思ったからです。

秋の作品を作り終えた後の約1ヶ月間、次の作品は何を作るべきなのか、どうやって作るべきなのか、考えに考えを重ねた結果が「再構築」だったのです。


今まで僕が聴き、作り、愛してきた音楽。
その中から絞り出した「うたたねだから作れる音楽」はひとつの答えに行き着いた。

次にやるべきことは、それを壊すことだ。


僕は、そもそも音楽というものは、エネルギーの塊のようなものだと思っています。それは、人が発し、人が受け取りさえすれば、どんな形でもいいと思うのです。決まった形に型押する必要なんかない。


だから、一度自分の中にある「音楽」を粉々の「粒」にしました。
そしてその「粒」を、もう一度組み立て直しました。最低限、人が受け取ることが出来るように。


まだ、組み立てなおした僕の新しい「音楽」は不安定です。グラグラしています。フワフワしています。でも、ガチガチに固まってしまっていた僕の旧い「音楽」とは明らかに別の色を持っています。

その新たな色を使って、今まで描けなかった絵を描いていきたい。

そんな思いを込めて、新作を作っています。
[PR]
# by utataneringo | 2013-12-16 00:13 | 飛鳥硝子の日記

裏話的な

こんばんわ、飛鳥硝子です。
肉を食って酒を飲んで気分がいい感じなので、ちょっとしたうたたねの制作裏話なぞを書いてみようかなと思います。

うたたねの歴史は手探りかつ試行錯誤の歴史です笑
遠距離ユニットということもあり、円滑にいい作品を作るためにはとにかく色んな面でプロセスの改善、工夫が必要でした。

それらの中で、今回はCD制作という面にフォーカスして振り返ってみます。


結成時のうたたねは、明確なコンセプトもなく、お互いの個性もそんなに分かってない状態で、ざっくりとロックをやろう、ということだけ決まっていた状態でした。しかも住む場所が遠く、会うことも出来ないため意思疎通が難しく、当面はチャットで制作を進めるしかありませんでした。

そんな中作った「インソムニア」「Good-bye, me」は、基本的に僕がイニシアチブを取って作った作品です。僕がCDの構成を考えながら「こんな曲がほしいな」と思った曲を曲先で作り、それに朱色さんが歌詞をつけるという順番でした。テーマとかコンセプトとかは特にない状態で作っていました。

その次の「イフイッカ」はタイトル曲を朱色さんが作詞作曲、「ファントムペイン」はタイトル曲のタイトルを先に朱色さんが考えて、それをベースに僕が曲を作るという順番で作りました。少しやり方を変えてみることで何か新しい発見がないかなと思ったからです。タイトル曲以外はそれまでと同じで、僕が欲しいなと思う曲を先に作っちゃうやり方で作りました。


その次の「明日の君の話をしよう」では、CD全体のテーマを先に決めた方がいいのでは、と思い、「病院」というコンセプトのみ決めて制作を進めました。白い階段とジェットライオットはタイトル先で作ったりと、色々と試してみた感じです。

「錆びた六弦で踊れ」はアコースティック作品ということで、あまり何も考えずにやりたい曲を並べた感じですね。


「無機物感情論」では、作り方を大きく変えました。この作品では、すべての曲のタイトルと歌詞のタネみたいなキーワードを先に朱色さんに作ってもらい、それをベースに僕が曲を作りました。やはり、曲ごとのテーマを先に決めていた方がより表現を明確に出来るのでは、と考えたためです。この作り方はなかなかスムーズで、かなりいい感じに制作が進められたと思います。


1年空けての「置き去りのトロイメライ」では、CD全体のテーマ、モチーフをざっくりと二人で決めたあとは、僕が曲先でガーッと作った感じです。作り方的には「インソムニア」とかに近い感じでした。理由は、勝手に僕が作りたい曲を作っちゃったからなのですが笑


こんな感じでうたたねは4年間CD制作を続けてきました。もうCDも8枚、楽曲も50曲近くになります。遠距離ユニットで、二人だけで、これだけの楽曲を作ってこれた背景にはこんな感じの試行錯誤がありました。

背景を踏まえた上で、改めて聴いてみると、また違った楽しみ方があるかもしれませんので是非w


さて、今は来年の春に向けて制作を進めています。

今回はこれまでと比べて、目指す作品の姿を大きく見直し、制作の進め方もガラッと変えて、更にうたたねを進化させようと試みています。

果たしてうまくいくのかはわかりませんが、頑張って新しい部分を切り開くチャレンジをしたいと思います!

一層頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by utataneringo | 2013-12-08 01:56 | 飛鳥硝子の日記

おっつ~

グラコロ食べてないよー。朱色です。最近割と頻繁にブログが書けている気がしますが、またこれ一年後とかになるフラグをおっ立てておきます。生命保険

そんなこんなで、Starcamp Theater vol.4 本当にお疲れ様でした!
今回は本当にというか、久々にブチ切れた感じのライブになりました。ブチ切れ色です。
ちなみにセトリは

1 撃鉄の憂鬱(無機物感情論)
2 五番目の群青(無機物感情論)
3 solitary brown(置き去りのトロイメライ)
4 星月夜(http://www.nicovideo.jp/watch/sm21236330)
5 神様のいなかった世界(インソムニア)
6 フロムアライブ(置き去りのトロイメライ)

で、その後聖さんと一緒に不死鳥のフランメ、ラストにテーマソングを全員で。

本当はsolitary brownのとこにビスケットエンドが入ったりするセトリだったのですが、ええい攻めて攻めて落城させろということで。Glass先生も言ってますがアドレナリンがキュインキュインするセトリになりました。

当日はマジで緊張してました。
というのも最近5曲以上のセトリだと体力が保たないことが多くて、途中でC振りオバヒぶっぱになってティウンティウンしていたからです。要するにセトリの途中でライブ終演後になるやつです。ただ今日だけは絶対狂ってやると誓っていたので、ねぎしで麦飯二杯食べました。関西出店はよ

で。結果はどうだったかと言うと、ウルトラ楽しかったです。
撃鉄五番目で完全に喉が枯れて、soitaryラストで叫んだ結果星月夜の落ちサビが浜崎あゆみさんっぽくなり、神様でちょっと持ち直してラストのフロムアライブで完全にぶっ壊れました。大破です。
でも、久々に満足感と達成感と「ワシチャントデキタヤンマー・・・」っていうあったけえ気持ちが湧いて出たので、本当に来場して頂いた皆さんに感謝です。皆さんホントに煽りに乗って立って頂いて有難う御座います。座って聴いて頂いてるとなんかこしょばいので嬉しかったです。

終演後もたくさんの方に色んな言葉を頂いて、綿生地の衣装がびっとびとになるまで汗出しながら頭を下げてました。チキンですいませんこれからもチキンです。本当に有難う御座いました。

色んな方にお世話して頂いて、それで歌を聴いて頂いて、ぼかぁほんとうに幸せです。ありがとうサンシャイン。

あとはおしらっせというか。

http://ameblo.jp/diclofenac-riu/entry-11689593079.html
Diclofenacのソラリウム -お茶会54日目- 様にて、うたたねりんごを紹介して頂きました!
曲は「pandora」を流して頂いています。有難う御座います。プリキュアとモンハンが好きです。あとポケモンも好きです。
こんな風にラジオで取り上げて頂くのはこしょばいけど嬉しいです!めっちゃ!!有難う御座いました!!
[PR]
# by utataneringo | 2013-11-19 22:34 | 朱色の日記
c0214506_20561973.jpg



こんばんわ、飛鳥硝子です。

昨日はうたたねりんご1年半ぶり、5回目のライブ!
Starcamp Theater episode4 に出演しました!

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!


もうね~、1年半ぶりのライブということで、出演が決定してからほんとにほんとに楽しみにしてたんですよ・・!最高でした!!超楽しかった!

うたたねのステージとしては、今回はアップテンポな楽曲中心でした。かなり"攻め"のステージを意識したつもりです。朱色さんもアドレナリンでまくりでヤバかった笑

フロムアライブでは会場全体が拳を振り上げてくださって、ステージ上で感無量の思いでした。一体感というか。胸いっぱいです。

うたたねの楽曲はライブで完成する、と僕の中では思っています。曲を作るときはいつも、ライブをイメージして作ってます。なので、僕にとって、ライブが一区切りというか、ライブからライブまでの間の活動の集大成なんですよね。



Starcamp Theaterはただの対バンのライブではなくて、主催の紺野さんが中心になって皆でつくり上げるスペシャルなライブイベントだということを、改めて感じました。たった数時間ですが、その時間あの空間は別の世界のような空気が流れていました。

こういう素敵なイベントを作り上げてくださる紺野さんには本当に感謝感謝です。



今回は特に、みずたまさんのサポートの藤屋さんや、紺野さんのサポートの皆様といったすごい方々とご一緒できたことがとても刺激になりました。自分自身を省みると凄くちっぽけで悔しいとも思いましたが、とてもいい刺激をもらうことが出来ました。


自分はほんとまだまだ未熟で、色んな意味で挫けそうになることも沢山あります。
が、僕の唯一の生きがいが音楽でもあります。

うたたねという、自分の思いをダイレクトに実現出来る場で、まだまだ出来ること、やりたいことは沢山あります。これからも心から、自分がいいと思うものを表現していけたらなと思います。



最後に、
ご来場くださった皆さん、
主催の紺野さん、
素敵な共演者の皆さん、
スタッフの皆さん、
文句も言わずセッティングを手伝ってくれただいこん君、
いつも大阪から出てきてくれる朱色さん、
いつも朱色さんの面倒を見てくださるマコトさん、白鴇さん、

ほんとに心から感謝です。
僕達がやりたいようにライブをさせてもらえるのはホント皆さんのおかげです。。


ライブの予定は当面ありませんが、しばらくうたたねは土に潜って新しい楽曲を、新しい世界を創りあげようと思います。

頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by utataneringo | 2013-11-17 20:48 | 飛鳥硝子の日記

お疲れ様でした

大変ご無沙汰しております、朱色です。完全にブログのパスを忘れて傍観者状態でしたヒェ~

M3お疲れ様でした!たくさんの方にご挨拶したりCDを手にとって頂いたり差し入れを頂いたり、てんやわんやでしたがとても楽しかったです。本当に有難う御座いました!

新譜の「置き去りのトロイメライ」ですが、各曲の詳細を語りだすとアホほど長くなりますので簡単にまとめてしまいます。

全曲に共通しているのは、主視点となるものがすべてなんらかの理由で「置き去り」になっているということでした。なかでも、1,2曲目はどん底なネガティブに、3,4曲目は比較的ポジティブな感じになっています。ので、一年ぶりの新譜だしいっちょ今の全力全開を出し切ってみるか!という気持ちで取り組んだらどえらい難産でした。
が、比較的どの曲もそれほどテイクは重ねておりません。一番歌ったのはアネモネの栞です。まず間違いなく。

私の歌はそこまで安定しているでもなく、ブレスも荒いですし本当に好みの別れる歌い方であると思います。ライブでもお前は超しんどそうに歌うねとかよく言われますが、それを止めると朱色ではなくなるのでホニャホニャです。
だからこそ、今回の置き去りのトロイメライには聞いてるとしんどくなる朱色の歌がえらく強引に捩じ込まれてひねくれて、それでもなんか調和しているといいますか、それ故の泥濘を感じて欲しいな~と思いながら精一杯を込めました。恐らく今までのCDのどの曲よりも、一曲目のsolitary brownは陰鬱で悲痛な声で歌っています。どんよりとしています。

でも、本当に胸を張って、是非聴いてください、と言える5曲になりました!どうぞよろしくお願いします。
あとはGlass先生が全部書いてくれたので、私は各詩の簡単な解説のようなもんを追記したいと思います。

本当にありがとうございました!比較的真面目な朱色でした。

これがネタバレってやつか
[PR]
# by utataneringo | 2013-10-29 22:41 | 朱色の日記