音楽ユニット「うたたねりんご」のメンバーブログです。


by utataneringo

M3-2013秋 ありがとうございました!

こんばんわ、飛鳥硝子です!

M3-2013秋、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

今回は、1年ぶりの新作、初めての壁配置、など、実は内心でドキドキしながら参加しておりました笑 でもでも、たくさんの皆様に来ていただいて、応援のお言葉たくさんかけていただけて、ほっとしたと同時に、イベントで直接お会いできる素晴らしさをひしひしと実感しました。


1年ぶりの新作、「置き去りのトロイメライ」いかがだったでしょうか。ぜひぜひ、良かったでも微妙だったでもなんでも、ご意見ご感想いただけるととっても助かります!w コメントでも、メールフォームでも、Twitterでも、お待ちしております!




僕個人としては「置き去りのトロイメライ」は、うたたねの第二章の幕開けとなる作品と思っています。

2009年に、確たるコンセプトや音楽性を定めずに、見切り発車的にスタートしたうたたねりんごですが、正直、最初の数年間は手探りと悩みの日々でした。試行錯誤の繰り返し。自分たちはどんな音楽をやるべきなんだろうか。自信のなさが周りの意見や風潮に振り回される弱い自分を作り出し、作品を作るたびに苦しむ毎日でした。

苦しんで苦しんで考えながら作り続け、「無機物感情論」というフル・アルバムにたどり着きました。この作品は、それまでの試行錯誤で溜まってきたものを全部吐き出すようなつもりで作りました。そして、全部空っぽになりました。

その後の1年間の活動休止で、改めて自分たちを見つめなおすことができ、1つの結論に至りました。


俺達がやりたいのは、俺達にしか出来ない音楽を胸を張って作ることなんじゃないかと。
では、俺達にしか出来ない音楽ってなんだろうか。

それが、少しずつ少しずつ、霧が晴れるかのように見えてきたのです。
その、第一歩となる作品が、「置き去りのトロイメライ」です。

うたたねりんごだからできる。うたたねりんごだけにしか出来ない音楽。俺達にしか出来ない音楽だから、胸を張って、周りの意見に振り回されずに出せるのです。


きっと、好みはわかれると思います。逆に言えば、もし気に入っていただけたならそれは運命的な出会いといっても過言ではないです!笑


もっともっと濃厚に、もっともっと純粋に自分たちの表現したいものを音にしていきたい。

それが、うたたねりんごの第二章です。


今後も更に頑張っていきます。まずは11月16日のライブですね!超楽しみです!


気合入れて頑張るので、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by utataneringo | 2013-10-29 21:14 | 飛鳥硝子の日記