音楽ユニット「うたたねりんご」のメンバーブログです。


by utataneringo

感情を伝えたい

こんばんわ、飛鳥硝子です~。

新曲「星月夜」いかがでしょう~。普段の激しいうたたねとはひと味ちがう感じになっておりますw

この曲は、「優しさ」「感謝」そして力強く踏み出す「勇気」のような感情を表現しようと作りました。伝わってますでしょうか。

最近、僕にとってうたたねでやりたいこと、うたたねだからやりたいことってこの「感情を伝える」ことなんかなって思うんです。


結成当初から、うたたねだからできることってなんなんだろうって、うたたねで音楽をやる意味ってなんだろうってずっと考えてました。

ずっと意識してたのは、いわゆる曲提供と同じスタンスの音楽はやりたくないと。普通の音楽にはしたくない、俺と朱色さんだからこそできることをやりたい、って思ってました。

その、「俺と朱色さんだからできる音楽」こそ、「感情を表現すること」なのかもしれないと最近思っていて。


負の感情、怒り、悲しみ、やるせなさ、苦しさ、狂いそうな気持ち、
正の感情、喜び、幸せ、癒し、勇気、感謝

そんなそれぞれの感情を、音として表現する。


音楽的なレベルの高さや面白さを追求するのもすごく素晴らしいことだと思います。
でも僕は、うたたねはそこではなくあくまで「感情表現」というところに存在意義があるのかなと思うのです。

うたたねはメタルでもなく、V系やゴシックロックでもない。
既存のジャンルではおおまかにロックですが、何のジャンルをやりたいかではなく、どんな感情を表現するのかにこだわりたい。


今まではそれが無意識の中でしかなかったのですが、自覚した今、もっともっとそこを浮き彫りにした、ダイレクトに感情を伝える音楽を作っていけたらなと思うのでした。
[PR]
by utataneringo | 2013-07-10 00:52 | 飛鳥硝子の日記