音楽ユニット「うたたねりんご」のメンバーブログです。


by utataneringo

空白

水面下期間ってあまり書くことがなくてついつい間が空いてしまいますね、硝子です。

今日は僕の尊敬する同人ユニットの「The Spring Beach Works(はるはま).」さんと、同人のお話をしようかと思います。ちょっと長くてゴメンナサイ><

はるはまさんとは1年以上前に某コンテストでご一緒したときからお世話になっております。最初に「畦道」や「ヴュルム末期」といった曲を聴いたとき、言葉をなくすくらい感動した記憶があります。作曲もされるNinaさんの圧倒的なボーカル、そしてその歌とメロディを最大限に生かすはりいさんの熟練したアレンジが、化学反応といいますか、このお二人じゃないと出せない音楽を生みます。。酸いも甘いも噛み分けたといいますか。。とにかく音楽的レベルが高い・・。とても真似できない・・・。

そんなはるはまさんの姿を見て、僕は同人の世界に入りました。それまでは、恥ずかしながら「同人音楽=二次創作・アニメ・ファンタジック」だと勝手に思い込んでいたのですが、はるはまさんの曲を聴いて、「ああ、同人ってこんなに自由でクリエイティブな世界なんだなあ」って感じ、M3で和風CDを出すことにしたわけです。そして、初参加の2009春M3があまりに楽しく、今に至るわけです。

また、はるはまさんのお二方も非常に遠い距離を越えてユニットをされていて、でもライブなども精力的に活動されていまして。うたたねりんごの結成に踏み切れたのも、はるはまさんの姿があったからです。

つまり、はるはまさんとの出会いがなければ、M3参加や同人活動もしていなかったかもしれないし、うたたねりんごも結成されていなかったかもしれません。そう考えると、本当にめぐり合わせって面白いなあって思います。朱色さんとの遭遇もそうですけど(笑

これからも一ファン(M3で旧譜から新譜まで全て買いあさるほど本当にはるはまファンな僕です)として、、そして憧れの先輩として追いかけていきます(笑)

うたたねも距離に負けずに頑張るぜ・・!!!
[PR]
by utataneringo | 2010-01-15 22:49 | 飛鳥硝子の日記