音楽ユニット「うたたねりんご」のメンバーブログです。


by utataneringo

メロディ


2X年間生きてきて、初めて「師走」というものを実感しています硝子です。11月も速かったけど12月はもっともっと速かった…。やばいw曲作る時間すらないって・・・。 まぁとりあえず、無事冬コミで配布していただくCDも完成し、とりあえずは一息という感じです。

今回は突発的な、「冬コミで無料配布しない???」という突然の思いつきから始まりました。そして、既に曲は出来ていた「ゆめのおと」をタイトルトラックに、あと2曲は肩の力を抜いた曲を作ろうということで、約1ヶ月半で作った作品です。

タイトルトラックの「ゆめのおと」は僕自身の未熟さゆえに、曲に振りまわされましたw 最終的に・・・今回は何とか粘ってドローと言う感じでしょうか。色々とまだ悔しい面もあります。ただ、それくらいパワーのある楽曲なんです。まだ僕には扱いきれなかったかなぁ、と。「靴」という曲は非常に面白いです。肩の力が抜けて良い方向に動いたかなと。「一握の星」は念願の初アコギ伴奏曲ですw どちらもユニットならではの面白い曲になったかなと思います。

話は変わりますが・・、僕はクリスマスの時期が好きです。キラキラしてるものが好きなので、イルミネーションにときめきます(笑)さらに、自分へのクリスマスプレゼントとして、ギター買いました(笑)今まで安ギターとかネック折れてるギターとかばっかり使ってたんで嬉しい限り!といってもそんなに高いもんではないですww貧乏性乙。

そうそう、ここ最近心を打たれるような音楽との出会いがなかったんですが、昔、一時期好きだった某アーティストさんの最近の曲を聴いて見事に撃ち抜かれました。素晴らしいメロディ。。僕は、曲においてメロディが一番大切だと思います。アレンジは勉強とか知識による部分が大きかったりしますし。メロディこそがそれぞれの曲の本質であり、アイデンティティだと僕は思ってます。メロディが良い曲はアレンジによらず良い曲になると思います。いやー、久々にグッときましたわ。そんで、グッとくると「負けてられない!」と奮い立てるんですよね。あくまで僕はメロディの個性に拘ります。頑張ろう・・!
[PR]
by utataneringo | 2009-12-23 00:08 | 飛鳥硝子の日記